ナチュラルハーブカラー

香りで選ぶヘアカラー

5種類のイタリア産天然由来アロマから好きな香りをセレクト

3つのナチュラルハーブアロマを使う理由

差別化
・サロンでしかできないクオリティーと香りで、ホームカラーとの差別化

機会獲得
・従来のアルカリヘアカラーが苦手な(臭い・不快感)お客様も大満足

収益アップ
・ワンランク上のヘアカラーメニューとして客単価アップも

ナチュラルハーブカラーの特徴

「ナチュラルハーブカラー」はどんなヘアカラー?

ヘアカラーの3大問題を解決できる。新ナチュラル系染毛剤だから

問題1「刺激が強い」 ⇒ 解決
しみにくい、かゆくなりにくい

問題2「褪色が早い」 ⇒ 解決
色持ちが良い

問題3「傷む...」 ⇒ 解決
髪も頭皮も傷めにくい

ナチュラルハーブカラーに使われている主なハーブ

柿葉、ローズマリー、セージ、カモミール、甘草を使用しています。

ハーブの効能に注目、柿葉

ローズマリー、セージ

カモミール、甘草

ナチュラルハーブカラーおすすめの理由

1.お客様に喜んでいただけます

2.サロン様の強い味方です

一般的なアルカリカラー剤との比較表

項目一般的なアルカリカラー剤ナチュラルハーブカラー
分類・医薬部外品・医薬部外品 (クリアは化粧品)
内容成分90%以上が科学成分(化学染料・酸化剤・アルカリ剤・クリーム基材・油脂・界面活性剤・保存剤・防腐剤・酸化防止剤・コンディショニング剤・保湿剤・感触改良剤・香料・その他)90%以上が植物成分(植物性タンパク質・小麦デンプン・キトサン・加水分解コラーゲン・加水分解ケラチン・柿葉・ピンチ・甘草・ローズマリー・セージ・カミツレ・ホホバ油などのPPT・タンパク質・ハーブ・漢方など)
その他、化学染料・酸化剤・キレート剤

・合成の感触剤や防腐剤、着色料、界面活性剤などの髪や頭皮に負担のかかる成分を使用しておりません。
使用方法・過酸化水素水と混合して使用・O2ウォーターと混合して使用
メリット・毛髪を半永久的に染める
・カラーコントロールが容易
・毛髪へのダメージがほとんどない
(アルカリ剤、過酸化水素水を使用しない。加湿しない)
・頭皮への刺激が低い
・カラーリングと同時に頭皮改善、毛髪改善ができる
・臭いが少ない
・ハリ、コシ、ツヤが出る
・健康毛になり、ボリュームが出る
・パーマのかかりにも影響が少ない
デメリット・成分としてアンモニアなどのアルカリ剤を含むため毛髪を傷める
・過酸化水素水を使用するため毛髪を傷める
・頭皮への刺激が強い
・独特の刺激臭がある
・加湿タイプは熱によるダメージもある
・単独ではリストアップできない

よくある質問

Q.白髪は染まりますか?
A.髪と地肌にやさしいヘアカラーですが、白髪もしっかり染まります。


Q.カブれることはありますか?
A.ジアミンを使用しています。ジアミンアレルギーの方のご使用はできません。


Q.トーンアップできますか?
A.単独ではトーンアップできません。事前にライトナーなどでトーンをあげてご使用ください。


Q.地肌に着いた汚れは落ちますか?
A.染毛の際に地肌に付着しても汚れは落ちやすくなっています。


Q.オーガニック商品ですか?
A.O2ウォーターアロマの原料は100%イタリア産のオーガニック素材です。